リキャップ!!〜新習慣を身につけるには〜

丸山歯科医院HPをご覧の皆様、おはこんばんにちは。
1時間半のバス電車通勤でスッカリ生活習慣が改善、
弱かった寝起きがスッキリしてきている、時森です。

リキャップとは、使用後の注射針を外す事。
丸山歯科医院では、リキャップはドクターが行う決まりです。
自分は以前そうしていなかったため、新たな習慣でした。
そのため、1週間経つのですがまだ注意される事があります。

新しい習慣を身につけるには、
その意味、重要性の理解が必要だそうです。
「もの覚えが悪い」という自覚がある方は、
その意味をスポイルして工程のみを覚えようとする
傾向にあるそうです。

リキャップをなぜドクターがするのか?
注射針は、単に鋭利で危ないというだけでなく、
使用後は、使用された方が自覚なく感染症を持っていた場合、
その感染媒体に成り得ます。
診療室では、
患者様を初め、衛生士、アシスタント、クリーンスタッフと
多くの人が出入りし、働いています。
その中で、最も重い責任を有するのが、ドクターです。
患者様はもちろん、コ・デンタルスタッフを
感染から守る義務があります。
そのため、
リキャップはドクターがしなければならないのです。

物事には意味があり、なぜそれが必要なのか、
理解する事が大事なのだと思います。

こんな悪あがきは1日と保たないのです。

丸山歯科医院勤務、第1週終了

丸山歯科医院HPをご覧の皆様、おはこんばんにちは。
最近、特別な節制もなく少し痩せてきて嬉しい、時森です。

丸山歯科医院に勤務して1週間が経ちました。

自分なりに10年間「良い歯科医師」であるべく精進し、
今も繁栄を続ける丸山歯科医院の戦力として、
正直、
そこそこお役に立てるのではと思い臨みました。

しかし、やはりというべきか、丸山歯科医院はデカかった。

「良い歯科医師」である事以上に、
「良い歯科医院の一員」である力が足りていませんでした。

スタッフ全員が、今自分が何をすべきかを常に考え、
全てがチームで動く事で、あれだけの規模を支えている事が
よくわかりました。

最初の1週間が終わり、土曜の夜、
ここ最近なかった ストーン! という睡眠で終わりました。
全く抗えない、でも心地良い睡眠でした。

 

理念、目標を持つという事

丸山歯科医院HPをご覧の皆様、おはこんばんにちは。
最近、和牛の水田に似ていると言われます、時森です。

丸山歯科医院にきて、
患者様に適切な治療を効率よく提供できるよう
さまざまなルールやシステムを学んでいます。

今日は、その中で、
「月間目標を決めてきてください」という宿題を
医局からいただきました。
月の最初に目標を決め、月末に自己評価をする、
というものでした。

これまで、
目標や、こんな風にやりたいという方向性を
何となく心に思いながら仕事していましたが、
このように明確にする事はありませんでした。

そんなある時、ボスに
「目標や理念って何で言葉にしたり、
明確な文字にしたりしなきゃいけないと思う?」
と問われました。
自分で思う事であり、「やらなければいけいない」
という認識でなかった自分は答えられませんでした。
ボスの答えは、
「目標や理念っていうのは、
往々にしてやりたくない、できない事なんだ。
だけど、勝ち上がっていくには、
やらなくちゃならない。
だから、声にして、文字にして、
自分を鼓舞しなければいけないんだ。
好きな事は黙っていてもやるだろ?」

男は男らしく。
女は女らしく。

国民第一党…。

なるほど。

初めまして、時森 正俊です。

丸山歯科院のHPをご覧の皆様、こんばんは。
本日4月1日より
丸山歯科医院に歯科医師として勤務させていただきます、
時森 正俊です。

院長ブログをご覧の方は既にご存知かと思いますが、
僕にとって丸山歯科医院は、
歯科医師人生始まりの場所であります。
その歩みも14年目になりますが、
最初に丸山先生に師事させて頂いた事が、
最大の幸運であったと思っています。
医療者として道を踏み外さず、向上心を持って歩めたのは、
丸山歯科医院と丸山先生のおかげでした。
今後は、また、丸山歯科医院の一員として、
皆様の健康に寄与していけますよう
精進していく所存であります。

どうぞ、よろしくお願い致します!!

無骨なナリをしてますもので、
もしかしたら取っ付きにく感じる方もあるかもしれませんが、
歌と漫画と武道が好きな、地声のデカい陽気なオジさんです。
どうぞ気軽に接して頂ければ幸いでございます。